東大理系志望の1浪です 日々の勉強記録を書いていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理系科目の勉強法

あと1週間で8月終わってしまうのか 

なんか9月になると思うと一気に受験が近づいてくる気がする

この3日間はあんまり勉強できませんでした 反省orz

明日からはまたしっかり勉強します

↓ご協力お願いします↓



東大受験生ブログランキング


あと自分がやってた理系科目の勉強法をまとめときます

参考程度にどうぞ↓


自分の勉強法は基本的に数学・物理・化学どれも同じです


まあ基本的に問題集をコピー用紙に解いて勉強するのですが


問題集を解く上で最終的な目標は 「自分で紙に答案を導き出せること」

これだけです  皆さんも大体同じ考えだと思います


答案を書けるというのは別に模範解答と一言一句違わずに書けるようになることではないです

(書けるに越したことはないでしょうが)

数学・物理では落とせない文章をしっかり書いて、必要最低限のことを書けるように

化学は考え方を理解して最低でも答えだけが導き出せるようにできればいいです



それで上の目標を達成するために、問題集をやっていくわけです

その時に初見でどれだけ時間をかけて解けようが、解けまいがそんなことは関係ないのです

最終的には問題集を何週目かで解けるようになればいい訳です

そのために何度も問題集を復習して、解きなおすのですから

時間をかけて自力で解けなかったからといって落胆する必要はないです



それで僕の勉強法というのは、すぐに解答を見てやっていくという方法です

まず問題を読んで、ほとんど考えずにすぐに解答を見て理解する

そして自分でも解いてみるといった感じです

問題を解く途中でペンが止まったらすぐに解答を見て、また解き始める

以後このループ


これが僕の勉強法の基本です


もちろん自力で問題を解けそうな場合はそのまま解いていって構いません

重要なのは1つの問題を解くのに時間をかけすぎないということです


問題を自力で考えて解くべきだという人もいるかもしれませんが、

その方法が有効なのは上級者の方だけだと思います

僕に言わせれば、理系科目の偏差値70以上が目安です

それ未満の人は自力で解く力は着いていないので、僕のやり方で十分です



それでこの勉強法で大事なのは、時間をかけないことだと言いました

問題の難易度にもよりますが目安は1問あたり10~20分程度です

問題を解く際は字が汚くなっても、文章を多少はしょっても構いません

必要最低限書くべきことを書いて、解答の流れを理解できればOKです



1番よくないのは、1問に時間をかけすぎることです

1問に時間をかけすぎると、1週するのにかなり時間がかかってしまいます

仮にその問題集を1週するのに2ヶ月かかるとして、

2週目を解き直す際に、全く覚えていないでは話にならないのです


問題の解答を忘れたころに自力で解けるかやってみる方法もありますが、

あくまでも自分の方法では、前に解いたことのある問題の解答を導き出せるようになることです

問題の解き方を覚えていてもいいのです

むしろ可能であるならば覚えた方がいいかもしれません


これは暗記とも言えるかもしれませんが若干ニュアンスが違います

暗記というと、解答を理解せずにただ丸覚えするような感じがしますが

実際には解き方を理解して、解答の流れを覚えるのです


流れというのは、解き方の方針とかですね

問題を解くための最初の取っ掛かりだったり、どんな公式を使うかとかです


そういう訳で、1問に時間をかけずにどんどん進めるべきで

1問に時間をかけない代わりに、問題集を復習する回数を増やします

確かにこのやり方だと、1週目ではあまり定着しないかも知れませんが、

単語帳を覚えるのと同様に、2週、3週とやっていくことで解き方がかなり定着します


時間をかけて少しずつ進めても、その時の理解は大きいかも知れませんが

1週にかなり時間がかかりますし、2週目を解くときに全く解けなかったときの絶望感は大きいでしょうw

1週目は浅く、2週目以降に少しづつ深くしていくのがコツです

「巧遅は拙速に如かず」、 「兵は拙速を尊ぶ」ということわざもあることですしね




あと僕がもう1つ気をつけてることがあります

それは復習のスパンです

問題集を復習する際に、最後まで解き終わってから最初に戻って復習する必要はありません

この勉強法の弱みは1週目の定着率の低さにあります

だから問題集を復習するときは、問題集を区切って復習します

例えば物理の問題集で言うと、力学・波動・電磁気・熱の単元に分かれているとしたら

まず力学の問題を解き終わったら、波動には進まず力学の問題の復習をするといった感じです



それで1週目にどれぐらい時間をかけるかというと、3~7日間くらいが目安です

ですから、せいぜい1週間で解ける範囲を1週目のスパンにして、出来るだけ早く2週目に入ってください

2週目で7割くらいの問題が解ければOKです

個人差はあると思うので、2週目で5~7割くらい解けるのを目安にして1週目にかける時間を決めてください

2週目で全く解けないというのは論外です

その時は1週目のスパンを短くして早めに2週目に入ってください



2週目を解く際に、解けなかった問題だけチェックを入れて3週目にその問題だけ解くのもありです

その辺は、自分の実力と問題集の難易度を考えてやって下さい

問題集はせいぜい3、4週やればOKです

3週目以降は適当に時間を置いてやってください  そこは個人の判断に任せます


あと2週目以降はまずは自力でやってみて下さい

自分の記憶を取っ掛かりにしてある程度解けるはずです

基本は同じで、ちょっと考えても分からなかったら解答を見る→問題を解く



長くなりましたが、自分の勉強法はこんな感じです

この方法を続けていれば、初見の問題でも解ける問題が増えてくるはずです

何か質問があればコメントで
スポンサーサイト
コメント
No title
相互リンクありがとうございます!

僕が今やってることにかなり近いことをしている方がいて、その方が実績を残しているという事実に妙に感動してしまいました笑
やり方が似ていても、僕は勉強時間が絶対的に不足しているので、今後努力してkeyさんに少しでも追いつけたらなーと思います。
あ、ところで次に受験する模試は何ですか?
2011/08/26(金) 02:45 | URL | ひょーどる #bhhZubZs[ コメントの編集]
Re: No title
>ひょーどるさん
やり方が近いというのは僕のことでしょうか? 
時間をかければ必ず成績は伸びると思うので、頑張ってください

次に受験する模試はなんでしょうかね  東大オープンかな
その前に河合の全統を受けるかもしれません
2011/08/26(金) 11:10 | URL | key #-[ コメントの編集]
No title
今まで1問に時間かけすぎてたかも。
参考にします。

こちらからもリンクしてたつもりでしてなかったんで
リンクしておきましたw
2011/08/26(金) 12:26 | URL | iderin #-[ コメントの編集]
No title
一冊の参考書終わらせるのにどれくらい時間かかりますか?
2011/08/27(土) 01:31 | URL | #-[ コメントの編集]
Re: No title
>-さん
参考書にもよるんですが、100問の問題が載っている参考書だとすれば
1日に3時間で15問くらい解いて、1週間くらいで1週出来るので
3週するとすれば時間的には3週間くらいで終わると思います

まあ問題集の難易度や問題数にもよりますけどね
2011/08/27(土) 09:01 | URL | key #-[ コメントの編集]
Re: No title
>iderinさん
僕もこないだある人にリンク完了しましたとかコメントしつつ、リンクするのを忘れていましたww
リンクありがとうございます^^
2011/08/27(土) 09:05 | URL | key #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

key

Author:key
東大理?志望の1浪です

東大志望のライバル募集中です

気軽にコメント下さい・・・と思ってましたが
コメ返をサボる可能性がありますw
出来るだけ返信しようとは思いますw


現在の偏差値:77(全統)
得意科目:数学・物理 
苦手科目:国語?
↓ご協力お願いします↓

東大受験生ブログランキング

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
東大模試(秋)
  • 東大オープン(11/5)まで
  • 東大実戦(11/12)まで
  • 東大プレ(11/26)まで
訪問者の数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。